会社設立専門サイト 司法書士法人吉岡事務所

お問い合わせは0120-316-017
お問い合わせは0120-316-017
メールでのお問い合わせはこちら

会社設立についてのQ&A

会社設立についてのQ&A

イメージ画像
  1. トップページ
  2. 会社設立についてのQ&A
会社設立登記についてよくお問い合わせ頂く質問をまとめました。
Q1
会社を設立したいのですが、何をすればいいですか?
A1
新しく会社を設立するには、手続きに必要な事項を予め決めておく必要があります。
ご自身で設立手続きを行う場合、いろいろと調べたり、法務局や公証役場へ出向いたりと手間がかかります。
スムーズに設立手続きを進められる様お手伝いさせて頂きますので、当事務所の無料相談をご利用ください。
Q2
会社の設立日にあたって用意する者はありますか?
A2
ご用意していただくものは次のとおりです。
①発起人(資本金を出す方)の印鑑証明書 及び 個人実印
②取締役になる人の印鑑証明書 及び 個人実印
③設立する会社の印鑑
・代表社員
・銀行印
・角印
※会社の形態によって異なりますが、通常の場合です。詳しくはお問い合わせください。
Q3
会社の印鑑は作らなくてはいけませんか?
A3
必ず作らなくてはいけないということはありません。個人の印鑑を会社の印鑑とする事もできます。
しかし、会社の印鑑のうち「代表印」は法務局に実印として登録します。登録するタイミングは、会社を設立するときです。
個人の印鑑と会社の印鑑が同じというのは不便ですし、セキュリティの面からもお勧めできません。
Q4
印鑑はいつ作ればいいですか?
A4
会社名が決まっていればすぐに作成できます。しかし付けようとしている会社名と同じ会社名があるかどうかを法務局で調べていただいてから作成する事をお勧めします。
Q5
会社の設立日をどうしてもこの日にしたい
A5
「会社の設立記念日を○月×日で登記したい」というご依頼もよくあります。
もしご希望のお日にちが予め決まってたらお早めにご相談ください。
但し、法務局の開庁日に限ります。
Q6
資本金の払い込みはどのようにすればいいのでしょうか?
A6
株式会社の場合、資本金の払い込みは発起人の個人口座から振り込みとなります。発起人が複数の場合は、代表発起人(発起人のどなたでもかまいません)の個人口座に振り込んで行います。
合同会社の場合は、代表社員の個人口座となり、出資する社員が複数の場合は、代表社員の個人口座に振り込みます。
これから設立する会社の法人口座は会社設立手続きが完了してからでないと開設できません。
Q7
資本金を払い込むのはいつ行えばいいですか?
A7
会社を設立する際の資本金の払い込みは、定款作成日以降に行います。
Q8
払い込んだ資本金はいつかれ使えますか?
A8
資本金は法務局に登記申請後、使うことができます。
Q9
会社商号をローマ字のみ、数字のみにできますか?
A9
「株式会社ABC」や「777株式会社」等、会社の種類の表記は必要になります。
お気軽にお電話ください0120-316-017
お気軽にお電話ください0120-316-017
メールでのお問い合わせはこちら
株式会社設立チェックシート ダウンロードはこちら
ページトップへ
サイトトップへ